安全性の高い植物由来の界面活性剤が使われてるテラクオーレのシャンプー

植物由来の界面活性剤使用


安全性の高い植物由来の界面活性剤とオーガニック原料で作られた、テラクオーレのシャンプーとトリートメントのご紹介です。

  


界面活性剤とは
まずは植物由来の界面活性剤が使われてるテラクオーレのシャンプーの前に、界面活性剤について簡単に説明すると、界面活性剤ってのは水と油を混じりあわす事が出来るもの。

で、単に水と油を混じりあわすだけでなく界面活性剤ってのは洗浄にも大きくかかわってまして、汚れを落ちやすくし、しかも再付着しないようにする力もあるんですな。

つまり手作りされた石鹸も界面活性剤の力で汚れを落としてる。

じゃあ、なんで界面活性剤がアカンのか?と言うと、この界面活性剤には合成なる物があるんすね、この合成の界面活性剤がちょっと厄介なヤツなんですな。


合成の界面活性剤とは
合成界面活性剤とは植物由来では無く合成で作られた物でして、洗剤、シャンプー、石鹸とあらゆるところで使用されてます。

この合成の界面活性剤の何がイケナイのか?と言いますと、合成の界面活性剤は汚れはすごくよく落とすんですが、同時に皮膚を守ってるお肌のバリア機能まで低下させてしまったり、皮膚に残ってトラブルを起こしたり。

なので髪の毛が抜けやすい、髪の毛が細くなってきた、なんて方は合成の界面活性剤が原因かも。

そこで最近は合成界面活性剤を使用していない、手作りの無添加石鹸シャンプーでの洗髪がすすめられてますが、この無添加石鹸シャンプーってのは初めての方が使う場合、慣れるのにすごく時間がかかったり、髪の毛のギシギシになったり・・・。

そこで、おすすめするのが合成の界面活性剤を使用せずに、安全性の高い植物由来の界面活性剤から作られたテラクオーレのシャンプー。


植物由来の界面活性剤から作られたテラクオーレとは
で、植物由来の界面活性剤から作られたテラクオーレのご紹介なんすが、テラクオーレさんは、どの商品も植物由来の成分から作られた物がほとんどで、また原料となる植物もオーガニックと言う、こだわり。

しかも界面活性剤は植物由来でしょ?

つまり植物由来の界面活性剤使用のオーガニック無添加系のスキンケア、シャンプーなんですな。

無添加と言っても最近は、旧指定成分を使ってないから、とか、訳の分からん理由で無添加を謳ってるメーカーもあるけど、テラクオーレはそんな事は一切無い、ほんまもんのオーガニック植物原料から作られて、しかも使用してるのは植物由来の界面活性剤。


植物由来の界面活性剤から作られたテラクオーレのシャンプーの成分について
では、ここからは、そんな植物由来の界面活性剤で作られてるテラクオーレの成分について、簡単に説明を。

  

上の写真は成分表示が写真1枚では全部入らんかったんで、2枚になってしまったんすが、まあ分かると思います。

ようく見ると分かるんやけど、ほとんどが植物成分。

でも気になる成分もあるよね、まずはココアルキル硫酸Na。これはヤシ油由来の成分で泡立てるための目的で配合されてる。

ヤシ油由来やから植物成分な。

ほんで、コカミドプロピルベタインとデシルグルコシド。

コカミドプロピルベタインはベビーシャンプーとかにも使われるぐらい、

安全性の高い界面活性剤。

デシルグルコシドは非イオン系の界面活性剤で、

アメリカでは乳児なんかの商品に使われてる。

しかも両方とも植物由来の界面活性剤なんで、

安全性もとても高い。

左はテラクオーレのパンフにあった成分についての詳細。

(界面活性剤についての記述も何とか見えるよね。)

界面活性剤と言っても植物由来の赤ちゃんなんかにも使われるぐらい安全性が高い物が使用されてる。では、そんな植物由来の界面活性剤から作られてるテラクオーレがどんなんか?ご紹介していきます。


植物由来の界面活性剤から作られたテラクオーレ シャンプー
では、ここからは植物由来の界面活性剤が使われてるテラクオーレ シャンプーのご紹介。

  

テラクオーレにはシャンプーがベルガモット、メリッサ、イタリアンネロリ、ダマスクローズ、そして石鹸シャンプーの5種類がありまして、私が使った事があるんが、ベルガモットとメリッサ。

石鹸シャンプー以外は植物由来の界面活性剤が使用。

ほんで、お試し並みの小さい50mlから250ml、500mlといろんなサイズがあります。で、実際のシャンプーの中身はと言うと、こんなん。

  


透明のジェルみたいなテクスチャー。

これが植物由来の界面活性剤で作られたシャンプーなんか・・って感じやね。

ちなみにコンディショナーはこんなん。(コンディショナーも植物由来の界面活性剤使用ね)

まあ見た目普通と言うか・・・・

って感じやね。

で、オーガニック原料を使ってる無添加系のシャンプーだけあって、

香りがまずは素晴らしい。

甘すぎないベルガモットのキリとした香りがする。

またメリッサの方は、トニックシャンプーってあるやん?

あれってスゴイ作られた清涼感や?でもメリッサは自然な清涼感がものすごい。

自然な植物原料だけでも、これぐらいサッパリとした清涼感のシャンプーが作れるんや〜ってビックリする。

夏とか爽快感の好きな男性に、おすすめのメリッサですな。

  


植物由来の界面活性剤から作られたテラクオーレシャンプーの使い心地
そんな植物由来の界面活性剤から作られたテラクオーレ シャンプーの使い心地をご紹介すると、まずはシャンプーは普通に泡だって、普通に洗えます。

普通ね無添加手作りの石鹸シャンプーを初めて使うとね、もう髪の毛のギシギシ感と手触りの悪さに堪えれんって方多いんすよ。いくらお酢のリンスをしても、んなもんギシギシは変わらんしな。

でも髪の毛や毛穴の為には石鹸シャンプーが良いんだ〜とけっこう耐えて使ってらっしゃる方も多いんですが、

さすがは植物由来と言えども界面活性剤が使われてるだけあって、テラクオーレのシャンプーは汚れ落ちも使い心地も最高。

でも植物由来の界面活性剤で安全性が高い、乳児や赤ちゃんにも使われるぐらいやからね、安全でしかも使い心地が良いシャンプーなんすよ。


植物由来の界面活性剤から作られたテラクオーレのコンディショナーの使い心地
またコンディショナーがね、これまた良くて、このコンディショナーも1個だけ界面活性剤が使用されてるんすが、(もちろん植物由来ね)普通ねコンディショナーって使うと、髪の毛、頭皮、体までぬるつくでしょ?

けっこう気持ち悪いぐらい、

それが、このテラクオーレのコンディショナーは全く無い。

実際髪の毛に使っても、ちゃんとコンディショナーされてるんかな?って疑問に思うぐらい、正直頼りない。

でも洗い流すとちゃんとコンディショナーされてるから不思議。

ほんでギシギシ感も使い心地の悪さも全く無いねん。

さすがはオーガニック原料から作って、しかも植物由来の界面活性剤を使用するぐらい、こだわってるテラクオーレの事だけはある。


植物由来の界面活性剤から作られたテラクオーレシャンプーがおすすの方

髪の毛や環境、そしてなるべく安全な無添加の物を使いたいけど、石鹸シャンプーはどうしてもアカンという方なんかには超おすすめです。

あと、抜け毛が気になる方、髪の毛が細くなってきた方、植物由来の界面活性剤を使用してる安全性の高いシャンプーを使ってみたい方、植物成分のみで作られたシャンプーを使ってみたい方、オーガニック原料から作られたシャンプーを使ってみたい方、

なんかに、おすすめです。


興味のある方は、こちらからのぞいてみて下さい。

テラクオーレ公式通販サイト




他の無添加石鹸シャンプー
アンティアンの無添加石鹸お試しセット 苛性ソーダ、水、オイルで作られた本当の無添加石鹸が試せるお得なセット。もちろん髪の毛を洗うのにもおすすめです。
アンティアンの石鹸シャンプーセット ラベンダーのリンスもついてて、試しやすい石鹸シャンプーのセットです。




テラクオーレの他の商品

テラクオーレのベルガモットシャンプー 植物性界面活性剤使用、へんなものは全く入ってないテラクオーレのシャンプー。石鹸シャンプー初心者にはおすすめ。

テラクオーレのジャスミン&ハニー プレミアムボディクリーム 気絶しそうなほど良い香りのボディクリーム

テラクオーレのラベンダースムース ボディクリーム テラクオーレの中ではリーズナブルなお値段ですよ。

テラクオーレのカモミール ディープモイストジェルマスク 作れそうなぐらいのシンプル無添加さなんですけどね、これが意外と作れない。

テラクオーレのダマスクローズ クレンジングミルク 泡立たない洗顔料。クレンジング機能もあわせもってます。



こちらもおすすめ
シムシムジャパンのセサミヘッドマッサージオイル 頭皮の汚れはオイルで落とす、非常に理に適っていると思います。
ウェン 泡立たないシャンプーで、しかもテクスチャーはクリーム・・でも意外に良いのだよ



無添加コスメ考察トップに戻る


無添加コスメ トライアル
無添加 洗顔
無添加 化粧水
無添加 クリーム 乳液
無添加 ジェル
無添加 オイル
無添加 スクラブ
無添加 美容液
無添加 その他
無添加 ヘアケア